選んだ酵素は失活していて効果なし!?

 

酵素サプリを選ぶコツ!

 

あなたが気になっている酵素、きちんと酵素が活きていますか?

 

酵素の効果を期待する時に、一番大事な要素は、酵素が生であるということです。

 

酵素は、30℃〜45℃くらいが一番活性化すると言われており、60℃以上で失活していまいます。

 

あなたが選んでいる酵素、次の点を確認してみてください。

 

 

ドリンクタイプである

 

 

酵素サプリを選ぶコツ!

 

酵素ドリンクは、厳選された原材料をそのまま発酵・熟成されたものをそのままクイッと飲めるイメージがありますよね。

 

味さえガマンできれば体によさそう!って感じます。

 

でもドリンクタイプの酵素は、商品として販売するために、食品衛生法の基準をクリアしなければなりません。

 

そのためには、65℃の熱で殺菌処理を行う必要があります。

 

となると、せっかく長い期間をかけて作られた酵素が失活してしまいます。

 

中には熱に強い酵素と謳っているものもありますが、ほとんどの酵素は失活してしまうのです。

 

なので、「酵素を摂りれる」という観点では、ドリンクタイプのものは、効果を期待できません。

 

もちろん、発酵・熟成というプロセスを経て、豊富な栄養が凝縮されていることには代わりありません。

 

でも、「酵素の効果を期待」する場合には、ドリンクタイプを選択しないようにしましょう。

 

低温処理されているなどの製造方法が不明

 

酵素サプリを選ぶコツ!

 

ドリンクタイプ以外としては、サプリタイプがメジャーですね。

 

粉末状の酵素をカプセルで包んであるものが多いです。

 

粉末のものは、粉末にする時に熱処理を加えていることが多いです。

 

ドリンクタイプと同じく、熱で酵素が失活してしまいます。

 

サプリタイプを選ぶ場合は、製造方法に注意しましょう。

 

「低温製法」などを謳っている場合は、時間をかけて低温で乾燥処理をしているので、酵素の効果が期待できます。

 

粉末タイプ以外にも、ジェルタイプ・栄養素を丸ごと固めているタイプなど様々なサプリが販売されています。

 

製造方法はぜひ確かめてみてくださいね。

 

生じゃなかったら効果ないの?

 

酵素食品として販売されているのに、肝心の酵素が活きていないのでは、体にいい効果はないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

酵素サプリはほとんどが「植物発酵エキス」となっています。

 

確かに酵素のチカラは半減、なくなっているかもしれません。

 

原材料にもこだわっているものは、もともとそれだけでビタミンやミネラルなど普段摂れない栄養がたっぷり含まれています。

 

発酵・熟成の過程の中でつくられるアミノ酸など原材料にはない栄養素も生まれます。

 

それらの栄養がぎゅっと詰まっている「植物発酵エキス」は、体をキレイにしていく効果が期待できます。

 

ドリンクやサプリを飲んで、体調がよくなった、お肌がキレイになった、お通じがよくなった、という人はたくさんいます。

 

美容・健康のために、体にあった酵素サプリを飲み続けることは、間違いではないのです。